長距離引越し前に仕分け作業で安い見積もり料金に!?

引越しの一括見積もり前に、荷物の「いるもの」と「いらないもの」を
仕分けてから一括見積もりを行うと、物が減って引越しを安くできるかも・・。


■「いるもの」と「いらないもの」を分けてからの一括見積もり

まずは、いらない物を集めて、一箇所にまとめてしまいましょう。
これで、荷造りをするスペースを確保ができます。 荷造りが始まれば、
ダンボールの山ができます。引越し屋さんの見積もりの時にも、持って
行くものと、持っていかないものが、ハッキリしてわかりやすくなり、余計
な値段がつきにくいです。

■「いらないもの」の選択に悩む!?

1年間開けなかった箱は、一生開けないと言われています。
3年着なかった服もまた、一生着ないと言われています。
一概にそのとおりとは言いませんが、ある程度の基準を
持って判断すれば、スッキリできます。

■「いるもの」とはなんだろう!?

日常使う物のほかに、思い出の品、趣味の物、写真など 言わば人生の荷物。
おそらく、亡くなるまで持っていることになるでしょう。



▼△安い長距離引越し方法は、一括見積もりで料金相場を比較△▼ by 【長距離引越し比較.COM】

[ 更新:2011-06-28 14:28:34 ]

その他の記事

記事のインデックスに戻る