長距離引越しの小さな疑問 お仏壇編

お仏壇をご家庭でお持ちの場合、通常通り引越し
していいのか?という疑問にお答え致します。


■お仏壇のお引越し

引越しの際にお仏壇をどうすればいいのかと思ってる方も多いと思います。
一般的には仏事があるわけでもなく、もちろん法律などもありません。
檀家になっているお寺に相談するのがいいようです。

お仏壇は、旧居を最初に出て、新居に最初に入るものとされています。
お仏壇本体は、引越し屋さんに任せたとしても、本尊、位牌は自分の
手で持って運び、最初に外に運び出して、引越し先でも最初に入れる
ようにした方が良いと思います。

お仏壇を引越しする場合は、宗教宗派によってはしきたりがある場合も
ありますが、一般的には引越し前に一度、仏さんを抜いて、移動後に
仏さんを入れるようにします。いわゆる「抜魂」と「入魂」が必要になります。

正式な言い方も宗教宗派によって違うようですが、「お精(しょう)抜き」、
「お精入れ」と言ったり、「お性根抜き」、「開眼法要」と言ったりします。

宗教宗派によって違いがあると思うので、お寺さんに相談するのが一番です




▼△安い長距離引越し方法は、一括見積もりで料金相場を比較△▼ by 【長距離引越し比較.COM】

[ 更新:2011-06-24 16:09:52 ]

その他の記事

記事のインデックスに戻る