引越しトラブル2 敷金返還<見積もり相場から安い料金>

引越し時によくあるトラブルと解決方法をさまざまな体験談・
国家資格者から聞いた話をもとにご紹介いたします。


■敷金返還のトラブルでよくあるQ&A

Q:敷金のしくみとは?
A:賃貸借契約終了後、家屋明渡しまでに賃借人が、家賃を滞納したり
  過失によって損害が生じたときに備えて、貸主が預かるお金です。
  したがって、上記ような債務がなければ、退去時に原則として全額
  返還されるべきものなのです。

Q:敷金の返還請求はいつごろまで大丈夫なの?
A:敷金の返還は、原則として明渡し後5年間は請求できます。しかし、
  清算が済んでいない状態と比較すると返還率は低くなります。
  それは、主な理由として 「当時の証拠書類が無い」「家主が変わって
  いるためわからない」等の主張により、あまり良い結果は得られません。
  また、裁判を起こしても上記と同じで、あまり良い結果になりません。
  従って、早めに請求すべきです。但し、内容によっては、全額返還
  されているケースも多数あります。返還請求をしたい方は一度専門家
  に相談されると良いでしょう。

「引越し時によくあるトラブル3」で敷金返還の続編を公開します。




▼△安い長距離引越し方法は、一括見積もりで料金相場を比較△▼ by 【長距離引越し比較.COM】

[ 更新:2011-06-12 16:34:05 ]

その他の記事

記事のインデックスに戻る